ブログ

夫・おときた駿による表明文です:上田令子都議との会派解消、および秦智紀氏によるプライバシー侵害について

上田令子都議との会派解消、および秦智紀氏によるプライバシー侵害について

この度、私音喜多駿は、上田令子都議に対して会派「かがやけTokyo」の解消を申し入れ、同時に上田令子後援会事務局長・地域政党「自由を守る会」江戸川区議選予定候補者である秦智紀氏に対して、名誉毀損・プライバシーの侵害による訴訟を準備していることを表明いたします。理由と経緯は以下の通りです。

先週報じられた「週刊文春」における私と妻・三次由梨香に関する記事内容について、記者に対する情報提供に関与していたのが、上田令子都議と極めて親しい関係にある、秦智紀氏であるという強い疑惑が生じました。

今回、週刊誌報道の情報源となったメッセージのやり取りは、妻・三次由梨香と秦智紀氏が1対1で行っていたものです。そのスクリーンショットを、週刊誌記者が実際に持っていたことを妻本人及び代理人弁護士が現認している上、その一部は実際の紙面にも掲載されて照合ができましたので、間違いがありません。

さらに、報道が行われる3日前には、「自由を守る会」幹事長・渡辺大三小金井市議の実弟およびその支援者らが、当方を貶める意図と思われるSNS投稿を行っていますが、その内容は、上記週刊誌の取材内容及び報道(記事化)を事前に把握していることが強く推察される内容でした。

その他にも大小様々な証言・証拠等から、秦智紀氏が週刊誌記者への情報提供に関与した可能性が極めて高く、また現時点では、上田令子都議ないし同氏が代表を務める「自由を守る会」が組織的に関わっている疑惑も否定できません。

以上の経緯および、週刊誌記事に私の名前が大々的に掲載され著しい損害を被った結果を踏まえ、秦智紀氏を不法行為で東京地裁に提訴することも視野に入れ、具体的な調査と準備に入りました。また、秦智紀氏以外に判明した情報提供者についても、同様の対応をする所存です。

そして、秦智紀氏は「自由を守る会」の江戸川区議選予定候補であり、また長年に渡って上田令子都議の後援会事務局長や実質的な秘書業務を務めていることから、こうした人物と係争関係になる以上、上田令子都議との会派を維持することは困難であると判断します。

よって、少なくとも当面の間、上田令子都議との会派は解消すべく申し入れを行い、本日中に手続きに入る所存です。

いかなる理由であれ、プライバシー・機微に渡る内容の記された個人間のやり取りを第三者に漏洩させることは、政治倫理はもとより、社会的にも許されることではないと考えます。秦智紀氏および関係者の疑惑に対しては毅然とした措置を取るとともに、その所属組織である「自由を守る会」および代表・上田令子都議にも誠実な対応を求めて参ります。

2018年10月29日
東京都議会議員 かがやけTokyo幹事長
音喜多 駿

お知らせ   2018/10/29   三次ゆりか
≪ 【ご報告】10月25日発売の「週刊文春」掲載予定の報道について  |  大学生さんたちと交流してきました! ≫

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください