ブログ

デイサービスのボランティアとこども食堂に行ってきました

本日妊娠前から介護関係の仕事のボランティアスタッフをして勉強をしたいと相談にのっていただいていた社長に、やっと下の子も一歳8ヶ月となり、落ち着いてきたので、1日デイサービスのお仕事をしてきました。
わたしは頭が良くないので、文字でみるより行って体験したり見たり聞いたりしないとなので、本日はとても良い勉強になりました(^ ^)

初めてのデイサービスでのお仕事でしたので、足を引っ張らないようにしようと頑張りました!

しょっぱな2日前から声が出なくて足を引っ張ってる三次です。


連日暑くて暑くて夜はエアコンかけっぱなしで、のどやられますね(~_~;)

扇風機を我が家の補正予算特別委員会をしなくては…


そして本日やっとデイサービスを体験してきました。
わたしを育ててくれた祖母もデイサービス通ってたなぁーとしみじみ思い出し、なんかジワっとくるものがありました。
1日のスケジュールはこんな感じでした。

▶9時くらいに皆さんが集まってまずお茶を出し、お話をしたり、朝のご挨拶をしたりします。その後順番にお風呂(シャワー)タイムです。

▶10時半からレクリエーション。
いろんなことをするんですねぇ~
体操やら早口言葉やら文字あてるやつとかもろもろ!

▶11時40分からみんなでお昼ゴハン

▶12時すぎに順次歯磨きとトイレ

▶その後午睡
その間スタッフはミーティングや掃除、事務作業など

▶そして14時くらいに皆さん目覚めはじめ、15時帰宅までまた皆さんでゲーム。
今日はカラオケをみんなでワイワイ歌いました。



お昼ゴハンの時と、午睡の時間に現場のお話を聞いていろんな課題について勉強しました。

やはり人材不足が大きな課題ですね…

また来月も現場に入り働かせていただきます。




▼そしてその後は豊洲にある芝浦工業大学にて初めての【こども食堂】ということで、娘と娘の友達を連れて行ってきました。

たくさんの大学生の方々に受け入れていただき、こどもたちはとても楽しそうでした( ^∀^)


こどもは100円、大人は学食いただきまして、ららぽーと豊洲にあるベンアンドジェリーズさんからアイスが提供されておりました。食後は大学生がこどもたちと上の教室で遊んでいただき、地域の多世代が繋がった瞬間を感じました。


こういった取り組みはとてもわたしは関心があり、江東大家族を作っていきたいです。
デイサービスに保育園児が気軽に遊びに行けたりする環境などあればとてもいいなぁ~。
今日の『三次ゆりかが行く!!』   2018/07/18   三次ゆりか
≪ 夏休み親子花火大会のご案内のご案内  |  深川かるがも交通安全教室 ≫

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ Eメールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください