江東区議会議員 「三次ゆりか」 のオフィシャルサイト

三次ゆりかのブログ


2018年8月14日 : 富岡八幡宮、二ノ宮のお神輿


こども神輿を担ぐために、我が家に長女の友達がお泊まりしました(^^)

そして
わっしょい、わっしょい!



豊洲のまちを担いで周り、休憩所では接待があり、お菓子やアイス、飲み物をいただけます(^^)


こどもたちは大喜びです。



もちろん水かけでみんなびしょびしょ( ̄▽ ̄)

天気良かったのですが、びしょびしょのこどもたちは、
「寒い寒い」
と、少し言ってました(^_^;)



そしてその夜はみんなでお台場の花火を見に行ってきました!

バディの建物の屋上のフットサルするスペースにてゴロゴロしながら、お酒をいただき、ママ友パパ友と花火。
そしてこどもたちは
ボルダリング!




楽しそう!
このあとテニスや卓球、バスケもしていたようです。





東京湾の花火大会がなくなってしまったので、同じ日に台場の花火大会をおこなっていただくことはとても嬉しいことでした(^^)



そして大人神輿は次の日…

二ノ宮を担ぎました。
日本一大きなお神輿と言われていて、
2トンあります。
そこに担ぐための木や水かけなので、水がプラスで担ぎ手の方々はかなり重いお神輿を担いでます。


三年に一度ということで、あれからもう三年経つのだなぁーと改めて時が過ぎるのを早く感じました。



夫やこどもたちも水かけに来てくれました(*^◯^*)



筋肉痛になりました_| ̄|○
動画がこちらに貼り付けられたら、水がバシャバシャかかってるのをお伝えできるのですが、動画はれないので、画像で貼り付けておきます!



とにかく楽しく担ぎました!!

いやー完全燃焼しました!
また再来年は本祭りなので、担がせていただきたいです!

来年はこども神輿です!


2018年8月10日 : 2018夏コミケ 表現の自由を守る街頭演説会
2018年夏のコミケの演説に行ってきました。



江東区にあるビックサイトに夏コミケ、冬コミケと参加させていただき、今日のコスプレは仕事がつまっておりできませんでしたが、30分駆け込みで前参議院議員の山田太郎さんの応援に行きました。


わたしはマンガ、ゲーム大好きで
自分でもマンガをかいて過ごしていた小学生時代があり、朝早く起きて学校行くまでロールプレイングゲームをしていたこともありました。

当選してからもゲームの仲間とオフ会をするくらいゲームが大好きですし、
コスプレも大好きฅ*•ω•*ฅ♡です。

表現の自由が守られないと、コスプレだってしたらダメ、とか、
極端な話スカートをはいたらダメ、までいってしまうかもしれません。

「スカートをはいたら、エロが炸裂してしまう恐れがある!!」

なんて言われたら、オシャレも何もできません…

オシャレをしたい若者たちのためにも
【表現の自由】は守らなければならないのです。

明日、明後日まで山田太郎さんの演説は14時半から16時半まで行っております。
ぜひ足を運んでいただき、山田さんと握手をして江東区でお買い物したり遊んで行ってくださいね✨

子育てしていて子連れだとコスプレできない、コミケに参加できないと思われてる方、
知人のにじいろポッケさんがコミケ専用の託児所を近隣で行っておりますよ(๑´ㅂ`๑)

そちらも本日演説で話させていただきました。
子育てしても、やりたいことを諦めない!

わたしは子育てしてる方のインフラ整備は熱血応援しております✨


暑い中演説を聞いてくださった方ありがとうございます(๑ت๑)♡

山田 太郎さん、坂井 崇俊さん、いつもありがとうございます´•ﻌ•`🐾


2018年8月2日 : ベビーカーでも移動しやすい社会は車イスでも移動しやすい社会に
昨年から行っている
【ベビーカーチャレンジ】ですが、
皆様のご協力をいただきまして、ありがとうございました。
現時点での報告と、さらにプラスで皆様にお願いのブログです。




2017年7月29日から8月7日に「ベビーカーと交通機関についてのアンケート」を実施し、回答総数500を得ました。
その結果と提言をJR東日本、京王、小田急、東急、西武、東武、京成、京急、相鉄、東京メトロ、都営地下鉄、横浜市営地下鉄、京王バス、小田急バス、東急バス、西武バス、東武バス、京成バス、京急バス、相鉄バス、都営バス、横浜市営バス、日本航空に対して送付しました。
http://www.assystarsproject.net/posts/activity36.htmlをご覧ください。

また、国土交通省総合政策局安心生活政策課に2019年1月19日にお伺いし、調査結果及び提言についての説明を行いましたが、具体的な回答はいただけておりません。

このたび、さらに関係者に提案をさせていただきました。
継続的にベビーカーの利用を推進するキャンペーンが国土交通省主導で行われていますが、
「電車・バスでベビーカーをよく見かけるようになった」との設問に対し、はいが52.8%、いいえが14.0%、どちらともいえないが33.2%との回答を得ています。
また、「以前に比べると、電車・バス内でベビーカーをたたまなくて良くなったと思う」との設問にたいしても、はいが44.2%、いいえが24.4%、どちらともいえないが31.4%との回答がありました。キャンペーンの成果が表れていることが調査から受け取れます。

しかし、エレベーターについての不満は著しく、
「ベビーカーで駅内を移動するときに、エレベーターの場所がわかりにくくて困ったことがある」の設問に対し、はいが94.4%。
「ベビーカーを乗せるために、エレベーターを何度も待ったことがある」の設問に対し、はいが93.2%の回答となっています。
エレベーターの設置はコストがかかる問題であり、改善をはかるには年数がかかるのはやむを得ないことですが、利用者が不便を感じないための施策を講じることは不可能ではありません。

また、鉄道においてベビーカーの利用を促進することは、少子化対策としても大変有効な手段であると考えます。
なぜなら、ベビーカーでの外出において一般の方と同様の行動の自由が担保され、ベビーカーでの移動中に「社会に温かく見守られている」という感覚を持つことが、さらなる子育てへの意欲を高めることにつながるからです。



▼▽▼
そこで具体的な

①エレベーターがなくて不便な駅

②乗換不便な駅

こちらを皆様が感じてる駅名を教えていただきたいですm(_ _)m


もちろんわたしが使用している駅で不便なところは豊洲に住んでおりますので、有楽町線の銀座一丁目駅がエスカレーターもエレベーターもないことは認識していますので、

①有楽町線 銀座一丁目駅

②大井町駅


など、たくさんの情報があった方が先方に話しやすいので、拡散、ご協力をお願いしたいですm(_ _)m


ベビーカーが移動しやすくなれば、
車イスも移動しやすくなります。



ぜひよろしくお願いいたします。
2018年7月30日 : 公園の遊具をみんなで入力してみよう!
毎回毎回公園に行くとタバコを吸ってる人たちが気になる三次です。


公園のごみ拾いを始めて何ヶ月かが経ち、夏は暑さが厳しいので、秋から再開予定です。


毎度毎度ゴミの量がひどいのはご案内の通りです。


そして公園の禁煙化を議会で質問してるからか、掃除をしているからか、公園の遊具の問い合わせがありました。


そして施設保全課に問い合わせしたところ、なんと公園台帳がないと言われ!!!


ちょうどCode for Kotoでオープンデータで公園の遊具を入れていこう!
と、いう話も出てたので、ピコピコデータを打ち込んで、ママたちにわかりやすくご案内をしようと思っていたら、

公園台帳がないって…(^_^;)


『それ、わたし作りましょうかね』

と、課長に言ったら、

「それはわたしの仕事なので!」

とのことでした。


でもそのかわり、こちらのアプリをご紹介していただきました(*'ω'*)


【パークフル】
https://parkful.net/parkful/


ここから皆さんがご近所の公園に行った時にチラッと情報を載せていただけたら、みんなで共有できるアプリです(°▽°)


お子さん見ながらで大変かと思いますが、ぜひご近所の公園をこちらにのせていっていただきたいですm(_ _)m!


よろしくお願いいたします。


2018年7月19日 : 深川かるがも交通安全教室
本日は朝から健康診断とお昼にはご近所ミニデイとこども食堂などなどのご相談乗っていた三次です。


午後は前から気合を入れていた
【深川かるがも交通安全教室】
がありました。

母子分離で、警察署から聞ける交通安全教室。

交通課の方からレクチャーをうけましたが、
江東区は3つの警察署があり、
湾岸署、深川署、城東署、
それぞれが課題をかかえています。

深川署はとても事故が多くこのようにお母さんたちに時間をかけていただき、担当者の方のアツイ想いがストレートに伝わって、お越しいただいたお母さんたちの目は真剣そのもの。
いつもクールでカッコいい担当の方でしたが、
こんなにアツク参加した全員が前のめりになり話を聞いてました。

すごくひきつけられる話と、そこには担当の方が数々悲惨な現場をみたからこそのママたちに伝えたい想いがあったのだと、わたしたちは感じました。

(打ち合わせの時とかもクールでカッコいい警察官の方と思ってましたが、喋ると本当アツイ方でギャップを感じ、すごく人間性に惚れてしまうくらいみんな感動して目頭熱くなって話を聞いてました)

なんかきっとこういうのって、担当の人によってやれること限られてくるのだと思いますが、江東区って街がいいからか、深川警察署の方はとても良い人ばかりです。

ママたちから、こんな素晴らしい教室にこれてとても良かった、木場や東陽町でもやってほしい、1年に一度でなく、半年に一度やってほしいなど、たくさんの感謝の声が届きました。

ベイネットワークさんも某新聞も取り上げてくださるようで、とても嬉しく思います。



白バイの方も緊急の東陽町での事故があったにも関わらず、参加者のこどもたちと乗車体験していただき本当に感謝しております。

地域の保育園児の皆さんにも一緒に写真を撮っていただきたかったのですが、事故のため予定していた時間までいられず、こちらは大変申し訳ないことをしてしまったと落ち込んでいたら、
またこれが担当の方が時間ない中、園児達と一緒に写真をとってくださり、
本当になんてアツイ方なんだと感謝感謝でした。




豊洲に市場が10月11日にくること、
そこでトラックがたくさんくることや、入れる時間が決まっていて、アイドリングストップをしているトラックが増えること、そこでまた事故が起きやすくなること、
参加者の方々はここをリアルに人ごとでなく、自分ごととして聞いておりました。

かるがも方式で親子で自転車で乗っていて、お子さんが亡くなってしまったことや、いろんな事故のお話をされていて、とても光景が見えるようでした。


「うちの子はそんなことはない」
「それは人ごと」

と、思っていると1番怖いです。
いつ、どこで、誰が事故にあうかわかりません。
自分が気をつけていても、巻き込まれてしまう場合もあります。


ですので、一人ひとりがちょっとした瞬間スマホを見ることをやめる。
事故にあわないようにすることが大事だということです。

そしてこどもは全く悪くないこと。
やはり親に責任があり、こどもにちゃんと交通安全のことを教えていかなくてはいけないです。


信号の点滅は、『急いで!』
ではありません。

保護者がこどもが小さなうちから
『急いで!』
と言っていたら、それがこどもの全てです。
「点滅は急ぐもの」
として認識されてしまいます。

そこはこどもの将来、孫まで続くと考えて、親や近所の大人がしっかりと教えていくべきです。


うちの娘の小学校の近くの会社員の人は横断歩道が短いところを小学生がいる前で平気で赤信号で渡って歩き、歩きタバコをしながら…
というのを良く目にします。

思わず大きな声で、
『みんなは大人になって赤信号を渡るようにはならないでね~』
と、言ってしまう性格の悪いわたしです。。。

そして親からこどもへの伝え方に対して、豊洲こども家庭支援センターのセンター長からお話いただき、
ここでもかなり気づかされました。

わたし、チャイルドマインダーやベビーシッターの資格をとっているのに、言われて何年かぶりに思い出し、初心を取り戻せた気がします。



今回は初めての深川かるがも交通安全教室でしたが、
湾岸かるがも交通安全教室は3回を終えました。

そして7月24日は城東警察署さんにお越しいただき、
城東かるがも交通安全教室が開催されます。

地域のことは地域で。
地域の人が顔見知りになれば、
子育てしやすい環境、
そして地域の警察署と繋がっていればより安心安全な暮らしができると思います。

ぜひ自分の地域でも
【○○かるがも交通安全教室】
を、行いたい方、いろいろとご協力いたしますので、お問い合わせいただけますと嬉しいです(^ ^)

それに加えて、防災ママカフェもぜひ地域の方でやりたい方がいらっしゃいましたら、ご連絡いただけたらと思います。


母子分離でたくさんのボランティアさんに集まっていただき本当にありがとうございました。
母子分離し、1人の時間で真剣に話を聞き、またよりこどもをみれる時間になる切り替えになっていたら幸いです。



J☆mothers
の、深川かるがも交通安全教室にご協力いただき、皆様
ありがとうございましたm(_ _)m!!!