江東区議会議員 「三次ゆりか」 のオフィシャルサイト

  • 認知症VR体験に行ってきた

    2017年11月22日

    一昨日久々の高熱が出てブログ更新できなかった三次です。



    先日
    【ダイアログ・イン・ザ・ダーク】があるといつもお世話になっている医療介護関係者からの情報を聞き、早速登録をし
    『認知症VR体験』に行ってきました。




    認知症を体験するってはじめは「?」でした。

    またこれがすごいんですよね。
    結論から言ってしまうと認知症の気持ちがわかるVRでした。

    参加した人たちは医療介護関係者は三分の一くらいといったところで、あとは認知症の親戚や家族がいる方、認知症の体験ができるということで興味があってきた、お一人少し認知症かもしれないと思ってるため来たというかたもおりました。


    わたしはこの体験会は90分の時間でしたが、全国的に体験してほしいと思いました。
    特に認知症に携わってる方。

    良かれと思ってしてることが全然良くなかったりしていた。ということがわかるかと思います。


    あるあるなども含めて勉強できました。




    初めてのVRでしたので、わたし自身は若干酔いそうになりましたが、VRでその人の気持ちがわかる時代になってきたことにも驚きました。

    認知症も種類がたくさんあり、3種類の体験をしました。

    本当に貴重な体験ができたので、これを江東区でも認知症の方が住みやすい区にしていくためにも普段から掲げている江東大家族をさらにすすめていきたいと強く思いました。




    他にパネルディスカッションや



    車イス体験も。

    車イスは並んでいたので時間がなく体験ができませんでしたが、並んでいるくらい人気がありやはりすごい車椅子なんだろうと思いました。



    さまざまなブームが出ていて盛り上がったイベントでした。


    来年の3月2日に行うママハピ@ららぽーと豊洲のイベントでも盛り上げるためにこちらのイベント参考にいたします(*^_^*)


    ご紹介いただきありがとうございました!