江東区議会議員 「三次ゆりか」 のオフィシャルサイト

  • 江東区保育園ナビゲーター

    2017年10月25日

    本日で第三定例会が閉会しました。
    14社ほどのマスコミが本会議場に入っていてビックリした三次です。


    中央防波堤の件に関しては以前にブログにかきましたので、
    今日は以前、
    【子育て相談窓口のワンストップ化提案】を質問しました。

    この関係でもある、
    江東区保育園ナビゲーターが平成30年1月からスタートいたします。


    そこで江東区は事業者を募集してます。

    http://www.city.koto.lg.jp/280308/kodomo/hoiku/ninka/puropo-zaru.html

    子育て世代の保護者の方に寄り添える事業者のかたにぜひ運営していただきたいです。


    わたしは行政窓口にかなり冷たい対応され、窓口恐怖症になったので、そういった方を増やさないためにも、傾聴し寄り添える事業者の方、よろしくお願いします。


    ▼▼▼
    本会議後、仕事をし19時から建設委員会でも陳情いただいてる
    『仙台堀川公園』についての幹事会に傍聴させていただきました。

    これまで意見交換会が2回され、1回目は意見交換会になっておらず、居ても立っても居られなく思わずマイクを握らせていただき、
    建設的ではない、これでは意見交換会ではない旨を伝えさせていただきました。

    そこから流れは変わりましたが、
    2回目も委員会で発言したように、
    また意見交換会にならないようでは困るという予想が的中し、
    わたしは意見交換会の中で、時間がある限りお一人おひとりに席のとなりまで行き、お話を伺いました。



    今まで皆さんの前で強い口調で発言してた方は、話しかけてみると意外に冷静にお話をしていただけて、
    「そうそう、こういうことが聞きたかった」
    と、思いました。

    この意見交換会は幹事会で設定されてるとのことで、幹事会はどうなっているのかと疑問に思ったので傍聴希望を伝えたら、快くオッケーいただき参加した次第です。


    わたしが思ったことは

    ・とにかく仙台堀川公園がみんな大好きだということ。
    ・そしてみんなが自分だけではなく周りの人や、次の世代の人のことを考えているということ。
    ・安心安全な町を望んでいること。
    ・生き物や自然を大切にしてること。
    ・税金を大事に使おうとしてること。


    これだと思いました。

    わたしはできることを一生懸命するだけですが、このように区民おひとりおひとりも一生懸命江東区のことを思ってる人がいると認識できて幸せな気持ちになりました。


    わたしは区民の命を第一優先にし、そのためにはきちんと説明を丁寧に行って納得していただきたいと思ってます。


    娘が1歳から4歳まですごした東砂。
    仙台堀川公園。


    皆さんの憩いの場となるようにさらに意見を聞いていきます。