江東区議会議員 「三次ゆりか」 のオフィシャルサイト

  • シングルマザー支援協会とウーマン国会

    2017年9月1日

    昨日は新事業の打ち合わせの後、ママ友のポーセラーツの体験をしながら観光やインバウンド関連の話をし、町おこしなどなどワクワクする話もしたり、自分の会社の不動産の件などでバタバタ昼を過ごし、
    午後はウーマン国会におなじみシングルマザー支援協会の江成代表にお声かけいただき参加しました。



    シングルマザーとして当選したので、シングルマザーに対してはかなり熱が入ります。

    自分が家なき子の時期もあったことと、生活保護申請に行ったけど、窓口で冷たく追い返されたこともよく覚えてます。

    あれがなかったら、きっと立候補はしてなかったなぁー。


    わたしがすごいこれは本当そう!!
    と、思ったのは、
    『ひとり一人の1票で何も変わらない』
    「いや、変わります‼」
    ということです。

    国会議員とかの選挙になると、何万票という票の中の一票だからと思う人が多いようですが、
    区議会議員、市議会議員とかであると、変な話、1票で当選するかしないか決まるというところすごくあります。

    わたしは2661票で江東区議になりました。
    ボーダーは2500票とかです。

    お姉ちゃんのママ友とかがもし投票に行ってなかったら…
    同級生が行ってなかったら…
    親戚が、ご近所さんが、先輩が、後輩が、

    と、すごく1票1票が大事なのを、みんなわかっていないということも話にあがりました。


    その1票1票の権利を放棄したことにより、仕事しないよくわからない議員をうみだすこともありますので、ぜひ皆さんには諦めないで投票に行っていただきたいと思います。

    そこから、
    誰に投票したら良いのかわからない。
    どこの情報を見たら良いのかわからない。

    などなどの話にもなりました。

    立候補する人もわかりやすく届きやすいように努力していかなければりませんよね。


    シングルマザーの声を議会に届けていき、ひとり親施策を進めていきたいです。

    直近の都議選でも都知事選でもひとり親の政策を訴えてる人はいなかったので、、、
    ひとり親支援をすることにより、子育て支援、貧困支援につながるところでもあるので、これからもいろんな方を巻き込んで活動していきますので、ご指導よろしくお願いします!

    日本の未来が明るいと思えたひと時でした。