江東区議会議員 「三次ゆりか」 のオフィシャルサイト

  • ワンオペ育児

    2017年8月2日

    マッシュホールディングスグループの展示会に行って、AEDの話を少しだけしながら今年のイチオシのファッションを学んできた三次です。






    働く女性向けをコンセプトにしたフレイI.D.の洋服達はすごく刺激的でカッコよくてワクワクする気持ちをいただきました。


    このワクワク感、とても好きです。
    何か事業を始める時や、議会質問を考えてるとき、質問をしたい!と思った時もワクワクしてます。



    今日はワンオペ育児について…

    長女を生後2ヶ月からシングルマザーとして育ててきましたが、長女の時は最終的には実家にお世話になり、まだわたしを育ててくれた祖母もいたことから、なんやかんや育児は協力してもらいながらノビノビと朝、昼、夜と仕事に行けてました。(それにしてもよく働いてたなぁ)


    ですが再婚しステップファミリーとなり、宝物を授かりましたが自身も仕事があり、相方も仕事がハードで、助けてっていうのをSNSでしてみたり、
    (助けてって言いたくても言えない世の中なので、みんなが言えるように率先していきたい気持ちもあった)
    周りの友達に沐浴やいろいろ頼ってみたり、ホームスタートに頼ってみたり、保健師さんに頼ってみたり、いろいろと頼れるところは頼りました。


    が、短期間頼ったところで育児は終わることはもちろんありません。


    ベビーシッターもお願いしながらでしたが、やはり心身ともに疲れ果ててしまい、わたしとしては《労いの言葉》がキーワードかと思ってます。


    相手が忙しいから負担をかけたくない思いで自分の気持ちを相手に伝えられずにいました。



    http://www.mamahapi.jp/usefull/oneope170802/


    こちらの記事をかいたママハピ谷平さんご夫婦はよくコミュニケーションがとれていて、わたしもちゃんと自分の意見を言った方が良いと背中をおしていただき、
    怒られてもいいし、傷ついてもいい、自分の想いを伝えてみよう!どーにでもなれ!!と、思った段階で育児も大変、仕事も大変、赤ちゃんも大変なんだけど、お姉ちゃんも大変、何よりもう仕事で浦島太郎状態で、仕事が全然できていないことがストレスだと伝えたら、怒られるかと思ってたのが、意外にちゃんと話を聞いてくれて受けとめてくれて会話が出来たことにビックリしました。


    きっと
    『仕事が忙しいから話をしたらいけない』
    と、会話ができてないご家庭も多いはず…


    「疲れてるからまた今度」
    「今仕事が忙しくて」


    と、言われるのが怖くて言えない方もいますが、
    わたしは
    仕事よりも育児してる方がはっきりいって疲れるし、忙しい。

    だからこそ子育てしてる方、本当にお疲れ様です。
    いつも頑張ってますね、

    と、《労いの言葉》をかけたいです。


    相方も仕事がひと段落したからか、わたしが思いを伝えたからか、

    http://otokitashun.com/blog/daily/15751/

    ワークライフバランスを考えてくれるようになりました。
    共働きはその辺も大事なところですよね。



    案外自分が思ってるほど、話しかけたらよくないというのはなく、やはり一生一緒に歩んでいくと決めた相手だし、常にお互いの考えや想いを共有しておけるといいなぁと思いました。


    この背中を押してくれたのは長女でもあります。
    〈ウチの夫は仕事ができない〉
    を、長女は見ていて、
    夫婦はちゃんと話をしないと…


    と、気づかせてくれました。
    (こどもに学ぶことばかりです)



    ワンオペ育児をしないためにも提言していきたいですし、何より1番身近にいるパートナーとの大事な宝物なわけなので、パートナーが協力してお互いに育児はしていくものだと改めて感じました。


    きっと
    『時間がある時はしてるんだけどなぁ…』
    と、思ってる方いらっしゃるかと思いますが、
    育児は待った無しなので、時間を見つけていかねばならないと思います。

    仕事を削って、時間がないのに育児してるママさんたちをたくさんみてます。


    より子育てしやすい社会にするためには、パートナーの協力なしでは難しいです。

    理想は1歳くらいまではホームヘルパーさんがきてくれる制度があれば…
    とは思いますが。


    わたしは忙しい中でもきちんと話を聞いてくれて、問題解決するために行動してくれる良きパートナーに出逢えて幸せです。


    ※ちなみにうちの夫くんは今までこどもたちをほったらかしにしてたとかでなく、ちゃんと赤ちゃんの面倒やお姉ちゃんの面倒も見てくれてはいたけど、わたしが気を遣って話をしてなかっただけです。
    洗濯も洗い物もゴミ捨てもお風呂掃除もこちらが何も言わずしてくれたりするので、助かってますが、
    今後はちゃんとコミュニケーションをとっていこうと感じました!



    《労いの言葉》があるのとないのでは、

    「あと少しだけ頑張れる!」

    「もうダメだ…自分がこの世で1番疲れてる」
    かに
    なりかねません。。。


    女性は喋るだけでストレス発散するというくらいなので、男性は女性の話を普段から聞いてほしいなぁーと思った日でした。


    ▼▼



    午前中は児童養護施設をでた田中れいかさんといつもお世話になっている、さよならイライラ育児、オハナの三浦りささんと、受け皿やカウンセリングなどなどについてお話してきました。


    みんなで連携して子育てしやすい社会にしていきたいと思います。