江東区議会議員 「三次ゆりか」 のオフィシャルサイト

  • 熊本の異例の地震

    2016年4月21日

    ー熊本地震についてー
    4月14日から、今も熊本県を中心とした強い地震が続いており、
    亡くなった方や行方不明で捜索中の方が多数出ています。
    被害にあった方々にお見舞いを申し上げます。

    ママの防災イベントをしてきていたので、
    今回の地震ではやはり気になるところは赤ちゃんやこどもたち。。。
    衛生面でのことや女の子の場合
    集団生活をする中で何日も不安の中、体育館に知らないおじさんたちといたら。。。

    東北ママたちの被災者として防災に役立ててほしいと、
    J☆mothersの共同代表であるかもんまゆさん経由で
    いろんな話をきき、勉強しました。

    防災バッグの中もなんでもかんでも詰め込んではダメ。
    こども抱えてバッグを持てる重さにしないとだったり、あとは連絡がつかなくなった時に
    家族でどうするか事前に話あっておくことが大事です。

    家族を助けようと自宅にもどってつなみで・・・という方もおられました。

    引き続きこどもたちの命を守るための防災イベントは行っていきます。


    ▼▼▼▼

    そこで4月18日に、
    新宿駅西口にて
    《熊本大震災 被災者救援募金活動》
    開催しました。
    15:00より募金活動を開始し
    2時間45分で11万608円の募金が集まりました!!!
    募金活動を行ったメンバーは
    【自由を守る会】
    代表 上田令子 東京都議会議員
    三次ゆりか江東区議会議員
    【リベラル保守の会】
    渡辺大三 小金井市議会議員
    百瀬和浩 小金井市議会議員



    金髪の若い女性や、
    鳶職風の若いタバコを吸ってたお兄さんたち、
    リクルートスーツきた女性たちや、杖をついた高齢者の方々まで、
    たくさんの方に協力いただけました。
    もしも自分が被災したら、、、
    やっぱりその時は手を差し伸べてほしいと思うと思うので、
    他人事ではないなと思うのです。。。
    なので、募金箱に入れていただく瞬間、瞬間に感動を覚えました。
    今後も物資や募金の活動したいと思います。
    一週間がたちましたが、引き続き救助作業頑張っていただきたいです。




    http://blog.livedoor.jp/edomam/archives/52369316.html
    自由を守る会代表の上田令子さんのブログから以下抜粋しました。
    ◇義援金内訳◇
    熊本県への義援金 5万608円
    →時間はかかるけれど、被災者に直接現金が渡される。


    南阿蘇村ふるさと納税による緊急支援募金 3万円
    →基礎自治体並びに、ふるさと納税の形なので一般会計に入り、確実に南阿蘇村地域住民のために役立てていただける。


    スマートサバイバープロジェクト 3万円
    →基本的に理事の報酬のない、寄付金を全額支援に使う団体であり、三次由梨香江東区議と私とともにママを支援する組織「J★mothers」を共同運営する防災ママカフェの草分け、かもんまゆ氏が関わっていること、スマートサプライの手法をとることで母子のもとに必要なものが必要な分だけ確実に物資が届くということから。




    引き続き自分にできることをしていきたいと思います。
    まずは都内や江東区にある熊本ラーメンを食べて支援していくことも考えてます。
    あとはポイントカート(Tポイントカードやポンタカード)で1ポイント1円で
    義援金を送れるそうです。
    一人ひとりが力を合わせましょう。

    本当にこどもボランティアの方々には頭が下がります。
    多世代が繋がって、
    笑顔がうまれる。

    一刻も早くたくさんの方が笑顔になれるように
    できることしていきます!

    熊本がんばれ!!!